女優ペ・ドゥナ、撮影裏を暴露?!「昼食はおにぎりがたったの…」

ペ・ドゥナが隠しきれない女優本能を見せ付けた。

ペ・ドゥナ画像20120503.jpg
足の爪がはがれるほど猛練習をした韓国女優ペ・ドゥナ



 女優ペ・ドゥナは5月3日午前0時から放送されたMBC(文化放送)
FM4Uのラジオ番組「青い夜 ジョンヨプです」に出演し、映画『コリア
出演の裏話やハリウッド進出記など幅広いエピソードを公開してリスナー
の耳を集中させた。

 ペ・ドゥナは「『コリア』の撮影中は1日に5〜6時間ずつ卓球の練習をし、
結局、足の爪がはがれてしまった。驚いて監督に見せたら『私は足の爪が
もともとない。たいしたことはない。練習しろ』と言われ、絆創膏を張って再び
練習した」と話して笑いを誘った。

 続いて「卓球を何時間もやった後、昼食はおにぎりがたったの2個しか出な
かった。制作費がひっ迫しているのか、昼食代は3000ウォン(約213円)
にしなければならないということだったが、そのときは本当に腹が立った」とし
「制作会社、謝罪しろ」と冗談っぽく叫ぶ場面もあった。

 女優ペ・ドゥナはハリウッドの進出作として関心を集めているウォシャウ
スキー兄弟監督の映画『クラウドアトラス』の撮影記にも少し触れた。彼女は
「ドイツで撮影したときはミーティング、台本リーディング、撮影すべて一人で
回った」とし「誰かがそばに居てくれたら心強かっただろうが、一人考えると
怠慢になった気がする」と話し、司会を驚かせていた。


ISPLUS/中央日報日本語版 2012.05.03より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。