女優ペ・ドゥナ、韓国版『リング』で演じた貞子の恐怖語る

ペ・ドゥナが、韓国版『リング』で演じた貞子について初めてエピソードを
披露した。

ペ・ドゥナ画像20120513a.jpg
あえて『リング』を見なかった女優ペ・ドゥナ



 女優ペ・ドゥナは、5月11日に放送されたトーク番組tvN「現場トーク
ショータクシー」に出演。1999年に映画『リング』で貞子役を演じたことに
ついて「セリフなしにテレビから出てくるという演技をしたが、それが私の
初演技だった」と明かした。

 「当時、本当に寒い日が続いた1月だったが、冷たい芝生の上を裸足で歩かな
ければならなかった」とし、「寒すぎて水から湯気がたつほどだったが、その中に
一晩中、頭をつけていた」と撮影時を振り返ったペ・ドゥナ

 また女優ペ・ドゥナは「劇場には行かず、映画を見なかった」と語り「小心者の
復讐」と告白して、笑いを誘った。


WoW!Korea 2012/05/13より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。