ハリウッドが虜になった『クラウド アトラス』の女優ペ・ドゥナの魅力@

10月23日(米国時間)の米カリフォルニア・ウェストロサンゼルスのある劇場。
映画『クラウド アトラス(Cloud Atlas)』の試写会が開かれていた。 500年
近い時空間を超えた6つのストーリーが数珠のようにつながり、3時間に迫る
ランニングタイムが飛ぶように過ぎた。映画が終わるころ、拍手が湧き起こった。
輪迴の思想を土台に、1849年の太平洋から2349年の未来の地球に至るまで、
主人公が相互に異なる時空間で再会する設定がユニークで興味深かった。

ペ・ドゥナ画像20121030.jpg
ハリウッドデビュー作で強烈な印象を残した女優ペ・ドゥナ



 エンディングの字幕に映画『マトリックス』シリーズの監督、ラナ&アンディー・
ウォシャウスキー、『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督
(共同演出)に続いて、トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒューゴ・ウィーヴィング、
ヒュー・グラント、スーザン・サランドンらそうそうたる俳優たちの名前がエンド
ロールに流れた。これに続いてペ・ドゥナ(33)の名前が登場すると再び拍手が
湧き起こった。東洋の女優がハリウッドデビュー作でスター級の俳優に劣らない
存在感を刻印したことに対する賛辞だった。「Park(パク・チャヌク監督)とBong
(ポン・ジュノ監督)の映画に出演した女優」と紹介しながら喜ぶ記者もいた。

 女優ペ・ドゥナは2144年のソウルを背景に繰り広げられる複製人間の物語の
ヒロイン“ソンミ−451”など1人6役をこなした。独特の英語アクセントに神秘的な
イメージ、繊細な表情、果敢な露出も披露し、ハリウッドにしっかりとその足場を
築いた。26日の米国公開(韓国は来年1月10日)直後、ペ・ドゥナと米ビバリー
ヒルズのヒルトンホテルで会った。

――ハリウッドデビュー、夢はかなったか。

 「ハリウッドに行きたいという気持ちはなかった。思わぬところで素晴らしい
監督と縁ができ、さらに広い世界に出ることになり嬉しくて胸が高鳴る」

――どのようにして監督の目に止まったのか。

 「私が出演した日本映画『空気人形』を見たウォシャウスキー監督から連絡が
あった。『復讐者に憐れみを』『グエムル‐漢江の怪物‐』も見たので私のことはよく
知っていたそうだ。“空気人形”を経て“複製人間”になったようなものだ(笑)」





ISPLUS/中央日報日本語版 2012.10.30より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。