ウォシャウスキー監督、ペ・ドゥナの演技力を絶賛

ソウル市広津区のシェラトン・グランデ・ウォーカーヒルで12月13日午前、
ハリウッド映画『クラウド・アトラス』の記者懇談会が行われた。この席で、
同作を手掛けたラナ・ウォシャウスキー監督は「映画『子猫をお願い』を
見てペ・ドゥナさんを知った。 ペ・ドゥナさんが出演した映画はほとんど
見た」と語った。

ペ・ドゥナ画像20121213a.jpg
ウォシャウスキー監督にべた褒めされた女優ペ・ドゥナ



 ウォシャウスキー監督は「今回の映画に登場する6人の主人公は人種も
性別もさまざまで、時空を行き来する。 クローン人間『ソンミ451』役は
韓国人がいいと思い、以前から知っていたペ・ドゥナさんに連絡した。
最初はインターネット電話サービス『スカイプ』で話し、その後ペ・ドゥナ
さんがオーディションを受けた。せりふも自分で翻訳した。当時は英語が
あまり上手ではなかったが、演技は見事だった」と話している。

 また、ウォシャウスキー監督は「(ペ・ドゥナは)子どものような純粋さを
持つ大人の役を見事に演じた。 そして革命まで導く強いキャラクターを
見事に消化していた」とし、女優ペ・ドゥナの演技力を絶賛した。





イ・デドク記者
朝鮮日報日本語版 2012/12/13より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。