スクリーンの中の再発見 ペ・ドゥナ

ペ・ドゥナにとって、2006年は何よりも“興行の恨み”をはらした貴重な
時間だった。映画『子猫をお願い』と『ほえる犬は噛まない』、『復讐に
憐れみを
』、『春の日のクマは好きですか? 』など、彼女が出演した
数多くの作品が評価団の好評を得たものの、誰よりも興行とは程遠かった
“悲運の女優ペ・ドゥナ

ペ・ドゥナ画像20061226.jpg
グエムル〜漢江の怪物〜』で悲願達成のペ・ドゥナ



しかし、韓国映画の歴史を塗り替える歴代興行1位の映画『グエムル〜
漢江の怪物〜
』(2006年作)は、平凡そうで非凡な女優ペ・ドゥナを甦
らせた貴重な作品であり、単なる興行女優ではなく、“1000万女優”と
して浮上させるきっかけとなった。

ペ・ドゥナは、『グエムル〜漢江の怪物〜』が初公開された去る7月4日、
メディア試写会後に行われた記者会見でも、「ヒットしてほしい」という
簡潔な思いを打ち明けており、終わりゆく今年がより意味深い時間に
なったことに間違いない。


WoW!Korea 2006-12-26より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ&コ・アソン、「今日のコンセプトは天使です」

映画『グエムル〜漢江の怪物〜』で叔母と姪の間柄で呼吸を合わせた
ぺ・ドゥナとコ・アソンが、去る15日第27回青龍映画賞授賞式で天使
のようなホワイトファッションで一緒に登場し、注目を浴びた。

ペ・ドゥナ画像20061217.jpg
女優ペ・ドゥナとコ・アソン  [写真=ミン・ウンギョン記者]



Innolife.net 2006/12/17より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、”私の趣味は死体遊び”

ペ・ドゥナが自分の趣味は’死体遊び’という言葉で視線を集めた。

ケーブルTV’チャンネルOCN’の16部作ドラマ「Someday」に出演中の
ペ・ドゥナがこのドラマの共演者キム・ミンジュンと一緒にSBS’夜心
萬萬’に出演。”死んだように横になって’死体遊びポーズ’で写真を
撮るのが好き”と言う発言でスタジオを笑いでいっぱいにした。

ペ・ドゥナ画像20061213.jpg
なんと「死体遊びポーズ」で写真を撮る女優ペ・ドゥナ(裴斗娜)


キム・ミンジュンは”「Someday」撮影でホテルのスイートルームシーン
があったが、撮影中消えて捜してみたらコーディネートとともにふろ場
の浴槽に入って死骸遊びをしていてびっくりした”とエピソードを公開。

ペ・ドゥナは”写真を撮りにフランスへ行った時、ルーヴル美術館の
前で’死体遊び’をしたが、小さな東洋の女が横になっていてそうか
誰も気を使わなかった”と独特の趣味生活について聞かせた。

Someday」で在日韓国人の漫画家山口はな役で久しぶりにドラマ出演
中のペ・ドゥナは、ドラマでもマンガから飛び出したような独特の魅力
を発散して視聴者から愛されている。

ペ・ドゥナ出演分のSBS’夜心萬萬’は12月18日放送予定。

一方、4人の男女の恋物語を描くドラマ「Someday」はケーブルTV’チャ
ンネルOCN’で今週金。


韓国エンターテイメント BUNKAKOREA 2006-12-13より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


「ペ・ドゥナはエヴァンゲリオンの綾波レイに似てる」

OCNテレビシリーズ『サムデイ』のホームページで、ドラマの主人公
たちは誰に似ているかというアンケート調査が行われた。 ネチズン
1106人が参加した今回の投票で、ペ・ドゥナが演じるハナと1番似て
いるのは 『新世紀エヴァンゲリオン』 の綾波レイという結果が出た。
『あの男、あの女』のチェ・ウンソ(35%)、『キャンディー・キャンディー』
のキャンディー(14%)、『宮』のチェギョン(13%)が後に続いた。

ペ・ドゥナ画像20061210.jpg
綾波レイに似てる(?)女優ペ・ドゥナ(裴斗娜)



 熱狂的なマニア層を持つ『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ
冷笑的で神秘的なイメージのキャラクター。ペ・ドゥナはドラマ『サム
デイ
』で、愛を信じていないが、恋はしたいという「ハナ」を演じている。
普段、“不思議ちゃん”と呼ばれるペ・ドゥナのイメージと似ていると
いうのがネチズンの意見だ。

 一方、ドラマ『サムデイ』でオ・ユナが演じる「ヘヨン」は、『セックス・
アンド・ザ・シティー』のサマンサに似ているという意見が多かった。

 同ドラマでペ・ドゥナは漫画家の山口ハナ役を、オ・ユナはアニメ
プロデューサーのヘヨンを熱演している。


NEWSIS/朝鮮日報JNS 2006/12/10より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、イ・ジヌク、オ・ユナの共通点は?

ケーブルTV’チャンネルOCN’で放送中のドラマ「Someday」の4人主人公
にはモデル出身という共通経歴があった。

ペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、イ・ジヌク、オ・ユナこの四人の主人公
は皆モデルとしてデビュー、その後俳優になっているが、活動モデル分野
はみんな違うと言うのがまた面白い。

ペ・ドゥナ画像20061201.jpg
ドラマ「Someday」の4人主人公 ペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、イ・ジヌク、オ・ユナ


ペ・ドゥナは1998年19歳の時、衣料ブランドのモデルでデビューした雑誌
モデル出身。その後2000年映画「フランダーズの犬」、「猫をお願い」
で本格的に俳優業に跳びこみ個性溢れる演技派俳優に位置づいた。
Someday」では日本人の父と韓国人の母の間で生まれた23歳のマンガ
家役を演じている。

キム・ミンジュンは1995年国内ファッションショーでファッションモデル
としてデビューした。その後モデルとして多くのCFに出演して人気を
あつめ、ドラマ「茶母」で俳優に生まれかわった。「Someday」では柔
らかくてユーモラスな医師コ・ジンピョ役で人気をあつめている。

イ・ジヌクはCFを通じてデビューしたCFモデル出身。テニスコートで初
めて会った女性とキスする飲料広告であつい人気を集め、ドラマ初デビ
ュー作「恋愛時代」ではソン・イェジンを好きなお金持ちの息子役で
出演、強い印象を残した。初主演作「Someday」ではタフながらも可愛い
イメージで愛されている。

オ・ユナは2000年’レーシングクイーン’というタイトルを得てレーシ
ング界で活動したレーシングモデル出身。’カルバンクライン ジーンズ’
のモデルとしても活動した。これまでは成熟したイメージで主に子持ち
の女性役を演じて来たが「Someday」では自己主張の強い素敵なキャリア
ウーマン役を演じている。


韓国エンターテイメント BUNKAKOREA 2006/12/01より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、撮影現場では’ドゥナラッチ’

ケーブルTV’チャンネルOCN’で放映中のドラマ「Someday」撮影中の
ペ・ドゥナに’ドゥナラッチ’というあだ名が付けられた。

最近写真集まで出刊したペ・ドゥナは「Someday」撮影現場でも撮影の
合間合間に自分のカメラを取り出して、同僚俳優たちはもちろん撮影
ステップたちまでパパラッチのように写真を撮って’ドゥナラッチ’と
呼ばれている。

ペ・ドゥナ画像20061125.jpg
ドゥナラッチ」と呼ばれている女優ペ・ドゥナ



普段から写真を撮るのが趣味なペ・ドゥナは自分のミニホームページに
自分の日常を撮った写真はもちろん出演中のドラマ「Someday」ミニ
ホームページにも’ドゥナのカメラ’というコーナーを通じて自分のカメラ
に補足された撮影現場の風景を紹介している。

ドゥナのカメラ’コーナーには撮影現場で即席に用意されたイ・ジヌク
とオ・ユナの誕生日パーティーの様子や、車に腰かけてドーナツを食べ
ているキム・ミンジュンの笑顔、自分の誕生日にお母さんが作ってくれ
たのり巻きを現場ステップたちと一緒に食べる姿などドラマ撮影現場の
こまごましい風景が紹介されている。

これについて現場スタッフらは”普段写真を撮るのを嫌うと知られた
キム・ミンジュンやイ・ジヌクもペ・ドゥナのカメラの前で素直に被写
体になってくれるようだ”と”ペ・ドゥナのカメラのおかげで現場雰囲気
もいっそう和気あいあいしている”と伝えた。

2年前から写真撮影を始めたペ・ドゥナは3台のカメラとレンズなどが
入ったカメラかばんを24時間持って歩くほどだという。


韓国エンターテイメント BUNKAKOREA 2006-11-25より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ『Someday』で流ちょうな日本語

ペ・ドゥナの流ちょうな日本語が話題になっている。映画専門ケーブル
テレビ・OCNのドラマSomeday』 (全16話)を通じて久々にドラマ
に復帰したペ・ドゥナが、流ちょうな日本語の実力を見せ、多くのファン
から褒められている。

ペ・ドゥナは同ドラマで、韓国人の母と日本人の父の間に生まれ日本
に住んでいる有名なマンガ作家役を演じているが、個性にみちた演技
で好評を受けている。第1、2話は、主人公が日本でマンガを描くのを
やめ、謎の死を迎えた韓国人の祖父と日本人の祖母の行跡を追って
韓国入りする過程を描いた。

ペ・ドゥナ画像20061116.jpg
猛練習の結果、日本語が流ちょうになった女優ペ・ドゥナ



今後、ソクマン(イ・ジヌク)、ジンピョ(キム・ミンジュン)、ヘヨン(オ・
ユナ)らに会い、ストーリーの展開が本格化する。在日韓国人として
日本語を駆使しなければならないシーンが多い女優ペ・ドゥナは、
日本語のセリフを細かくチェックし猛練習した。 その結果、現地
スタッフからも日本語の発音が良いと絶えず褒められた模様だ。

映画 『リンダリンダリンダ』 でも日本に留学した韓国人ボーカリ
スト、ソン役を演じたペ・ドゥナは、完ぺきな日本語で熱唱する姿を
見せ、映画ファンから絶賛を受けたりもした。『Someday』はOCN
毎週土曜・日曜の午後10時に放送される。


中央日報 2006.11.16より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


女優ペ・ドゥナ 写真展に作品2点を出品

今年8月、自身の写真集<ドゥナs ロンドン遊び>を出版した女優
ペ・ドゥナが、12月4〜16日、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョン
ダムドン)のウォン・ギャラリーで開かれる<第1回ビーン・ポール
写真展>に自身の作品2点を出品する。

ペ・ドゥナ画像20061102.jpg
写真展に出品する女優ペ・ドゥナ(裴斗娜)



“ファミリー”というテーマの今回の展示会には、ペ・ドゥナのほか
にパク・ジヒョク、キム・ジヤンなど若手作家らが多様な作品を出品
する。ペ・ドゥナは「連絡を受けたとき、最初はアマチュアの私が出品
してもいいだろうかとためらったが、写真が好きなだけに楽しく参加
することにした」と所感を語った。


WoW!Korea 2006/11/02より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、日本でドラマ「Someday」撮影

ペ・ドゥナが約2週間、日本に滞在してドラマ『Someday』撮影に臨む。

ドラマ『Someday』の製作社イエローフィルムは”OCNを通じて放映され
る16部作シリーズ『Someday』の日本ロケが9月21日から10月5日まで
行われる予定”と明らかにした。

女優ペ・ドゥナを始まりに26日にはキム・ミンジュンが、10月2日にはイ・
ジヌク(イ・ジンウク)が合流して名古屋地方で撮影。その後国内で撮影
を続ける予定だ。

ペ・ドゥナ画像20060921.jpg
ドラマ『Someday』撮影中の女優ペ・ドゥナ



今度のドラマでペ・ドゥナは純情マンガ界に新風を起こしてデビューし
たマンガ作家役を、キム・ミンジュンはマンガマニアの医者、イ・ジヌク
は心に深い傷を持つが純粋さを失わないソクマン役を引き受けた。

ソン・イェジン、カム・ウソン主演のドラマ『恋愛時代』の製作社でもある
イエローフィルムが製作するドラマ『Someday』は約2年の準備期間
と45億ウォンの製作コストが投入される作品として期待を集めている。

ペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、オ・ユナ、イ・ジヌク主演の『Someday
は11月11日から土・日曜日の夜10時からケーブルTVチャンネルOCN
を通じて放送される。


韓国エンターテイメント BUNKAKOREA 2006-09-21より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナの写真集、発売1日で再注文殺到

女優ペ・ドゥナが撮影した写真集「ドゥナ`Sロンドンめぐり」が発売1日
で再注文が殺到するなど大ヒットを予告している。

ペ・ドゥナ画像20060822.jpg
ドゥナ`Sロンドンめぐり」が大ヒットしそうな女優ペ・ドゥナ(裴斗娜)



 同写真集は女優ぺ・ドゥナが今年春にロンドンを旅行しながら写した
写真をエッセイとともにまとめたもの。22日、出版社イエローメディアは
「今月18日に発売され、午後遅くに書店に出したが、江南書店などで1日
で売り切れるなど、再注文が殺到している」とした。

 期待はしていたものの、想像以上の売れ行きに出版社イエローメディア
側は驚きと喜びの声をあげている。

 一方、ペ・ドゥナは今回の写真集の発売を記念し、25日午後5時、江北の
教保文庫、27日には3時に江南の永豊文庫、5時に江北のソウル文庫で
著者サイン会を開催し、女優ではなく作家としてファンと対面する予定だ。


STARNEWS/朝鮮日報JNS 2006/08/22より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、写真集&エッセイ出版でサイン会

観客動員数1000万人を突破した大ヒット作『グエムル〜漢江の怪物〜
でヒロインを演じたペ・ドゥナが、今度は女優ではなく著者としてファン
の前に姿を現す。ペ・ドゥナは25日にはソウル光化門の教保文庫、27日
には永豊文庫、ソウル文庫で相次いでファンサイン会を行う。

 今回のサイン会は、最近出版された旅行写真集「ドゥナ`Sロンドン
めぐり
」の広報のためだ。

ペ・ドゥナ画像20060820.jpg
写真集も出版し多才な女優ペ・ドゥナ



 この写真集は今年春、ペ・ドゥナが英国ロンドンを旅しながらカメラで
写した風景や自ら書いたエッセイをまとめたもの。

 ペ・ドゥナは映画『グエムル-漢江の怪物-』の広報、ドラマ『サムデイ
の撮影で忙しい毎日を送っている最中にも、ほとんど毎日写真集を制作
するデザイン事務所を訪ね、すべての過程に参加するほどの熱の入れよう
だった。このため一緒に仕事をしているスタッフに「ドゥナ記者」というニック
ネームをつけられるほどだったとか。

 ペ・ドゥナの近い関係者は「この写真集にはドゥナの汗と情熱が染み
込んでいる」とし、「今回のファンサイン会では女優ではなく著者として
ファンに会うことになるため、ドゥナはとても楽しみにしている」と話した。


スポーツ朝鮮/朝鮮日報JNS 2006/08/20より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


映画女優ペ・ドゥナ、写真集発売!

映画『グエムル〜漢江の怪物〜』で熱演を見せた女優ペ・ドゥナが、
ドゥナs ロンドン遊び>という本を出版する。出版社イエローメディア
は、ペ・ドゥナがロンドンを旅行しながら直接撮った写真とエッセイ、そして
短い文章でしたためた旅行写真集<ドゥナs ロンドン遊び>を発売
すると、18日、明らかにした。

ペ・ドゥナ画像20060819.jpg
写真集<ドゥナs ロンドン遊び>を発売する女優ペ・ドゥナ



 <ドゥナs ロンドン遊び>は、ペ・ドゥナが今年の春ロンドンを旅しな
がらカメラでとらえたロンドンの感性を、彼女が直接書いたエッセイと共
に収めた世代共感できる写真集だ。 この本を通じてロンドンの花と木、
風景と街、美味しいお店、素敵なお店、人々などを見つめるペ・ドゥナ
視線をありありと感じることができ、読者にとってもまるでペ・ドゥナと一緒
に旅したような錯覚に陥る。

 <ドゥナs ロンドン遊び>は写真と文章の隅々まで、彼女の手が行き
届いていない場所がない“ペ・ドゥナ式”本だ。ペ・ドゥナは『グエムル〜
漢江の怪物〜
』公開や、ドラマ『Someday』の撮影などの忙しい合間にも、
デザイン事務所に“出勤”するほど全力を注いだ。そのため、一緒に仕事
したスタッフたちはペ・ドゥナに、“ドゥナ記者”というあだ名をつけたと
いうエピソードも。

 ロンドンでのペ・ドゥナの日常を収めたユン・ソクムの写真もあり、若い
女優の生活を覗き見る楽しさもある。参考までにペ・ドゥナが撮った写真
の中で、一部は彼女のミニホームページとブログでも見ることができる。
ペ・ドゥナのミニホームページがあるサイワールドは、これらの写真の
中から一部製作したスキンアイテムもサービスする予定だ。

 女優ペ・ドゥナは出版サイン会を通じて、女優ではなく著者としてファンと
の出会いの時間を持つ予定。サイン会は来たる25日午後5時教保(キョボ)
文庫で開かれ、ヨンプン文庫とソウル文庫では、それぞれ27日午後3時、
5時に開催される。


WoW!Korea 2006/08/19より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、建国大・随時第1学期に合格

建国(コングク)大学は18日、映画『グエムル〜漢江の怪物〜』に出演
した女優ペ・ドゥナさん(27、写真)が随時第1学期の演技優秀者特別
選考(芸術文化大・映画芸術専攻)に合格した、と伝えた。

ペ・ドゥナ画像20060818.jpg
建国大学に見事合格した女優ペ・ドゥナ



 中央(チュンアン)大・師範大学付属高校を卒業した後、漢陽(ハニャン)
大・芝居映画学科2年の当時退学届けを提出したペ・ドゥナは、ドラマ・
映画などで活動してきた。 最近、最短期間で観客1000万人を突破した
映画『グエムル〜漢江の怪物〜』でアーチェリー選手役を演じた。02年
の映画『猫をお願い』で百想(ペクサン)芸術大賞・最優秀演技賞を受賞
したりもしたペ・ドゥナは最近フォトエッセー『ドゥナ’s ロンドン遊び』を
出版しフォトグラファーにデビューしたりもした。

 同校の演技者特別選考には『女子高怪談5』で主演するイ・ミソ、シチュ
エーション・コメディー『レインボーロマンス』に出演中のチョン・ウィチョル、
ドラマ『シンドローム』の主演にキャスティングされたパク・テヤンなどが
合格した。


中央日報 2006.08.18より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ主演の日本映画『リンダ リンダ リンダ』、韓国で再上映へ

女優ペ・ドゥナに喜びが2つ重なった。

 これまでの出演作の中で初めてヒットの予感を感じさせている『グエムル-
漢江の怪物
-』が27日に公開されることに続き、日本の俳優と監督と息
を合わせた『リンダ リンダ リンダ』が再上映されることになったため。

ペ・ドゥナ画像20060714.jpg
韓国人交換留学生ソン役のペ・ドゥナ(裴斗娜)


 『リンダ リンダ リンダ』を輸入したシネカノンは13日、「今月20日
にソウル明洞のCQNで同映画を再公開する」とした。

 シネカノンによると、4月13日に公開された同映画は、5月24日に上映
が終了したものの、その後も観客から再上映の要請が絶えなかった。
これを受けシネカノンは映画料金を5000ウォン(約600円)に引き下げて
再上映することを電撃的に決定した。

 女子高生のスクールバンドの文化祭出演までの紆余曲折を描いたこの
映画は、第1回日本映画エンジェル大賞、第79回 キネマ旬報ベスト6、
2005年朝日新聞日本映画ベスト3、映画芸術日本映画ベスト1に選ばれた
ほどの秀作。ペ・ドゥナは韓国人交換留学生のソンとして出演している。


STARNEWS/朝鮮日報JNS  2006/07/14より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ファッションショーに登場したペ・ドゥナ 「映画『グエムル』をよろしく」

7月11日午後5時、ソウル新羅ホテルで、人気ブランドであるビーン・
ポール(Beenpole)が、“British Urbanite”をテーマに<FW Collection>
を開催した。

ペ・ドゥナ画像20060712.jpg
ファッションショーでのナチュラル姿の女優ペ・ドゥナ



この日、会場には、話題作『グエムル〜漢江の怪物〜』のヒロイン、
女優ペ・ドゥナがナチュラルなメイクとファッションで参席、ショーに
華を添えた。


WoW!Korea 2006/07/12より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


女優ペ・ドゥナ、”今度は必ずヒットさせたい”…映画『グエムル』

女優ペ・ドゥナが映画『グエムル〜漢江の怪物〜』の記者会見で
”今度の作品は必ずヒットさせたい”と興行に対する強い期待を見せた。

ペ・ドゥナ画像20060705.jpg
今度こそ映画をヒットさせたい女優ペ・ドゥナ



 映画『グエムル〜漢江の怪物〜』は漢江に現われた"化け物"と対立する
一家の話を描いたSF物でペ・ドゥナは漢江市民公園で売店を営む一家の
末娘と同時にソン・ガンホの妹ナムジュ役を演じた。

 ナムジュ役に扮して”女優として漢江の水の中を歩いたり、下水道の中
をほじくり返したり、普段できなかった貴い経験をした”と言うペ・ドゥナ
映画の中で消えた姪ヒョンソを探すために孤軍奮闘、決定的瞬間に通快
な一発をくらわす。

 この日ペ・ドゥナは”今日映画完成本を初めて見た”と”こんなに良い
映画を作ってくれたボン・ジュノ監督に感謝する”と言う言葉で作品に
対する強い確信を表現して”今度の映画は必ずヒットさせたい”と俳優
としては当然の欲を見せた。

 これまで女優ペ・ドゥナは『春の日の熊が好きですか?』(ヨン・イ監督)、
『フランダースの犬』(ボン・ジュノ監督)、『復讐者に憐れみを』(パク・チャン
ウク監督)、『猫をお願い』(ジョン・ジェウン監督) など美しい作品に出演して
実力を認められてきたが、興行面では成功できず大衆的成功とは正反対
の路線を進んできた。


韓国エンターテイメント BUNKAKOREA 2006-07-05より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、セクシー写真「大胆な露出」

女優ペ・ドゥナが大胆なファッション写真で、セクシーな姿を披露し
話題となっている。最近ペ・ドゥナのオフィシャルサイト「ドゥナネット」
に公開された同写真は、ある雑誌に掲載されたもので、ネットユーザー
によって速いスピードでオンライン上に広がっている。

ペ・ドゥナ画像20060704.jpg
セクシー写真を披露した女優ペ・ドゥナ



写真を見たネットユーザーらは「モデル出身であるせいか、大胆な姿
も不自然でなく素敵」、「モデルとしても俳優としてもとても魅力的」とし、
新しい姿に高い点数を与えた。現在、ペ・ドゥナは映画『グエムル〜
漢江の怪物〜
』 (監督:ポン・ジュノ) の公開(27日)を控えており、
事前制作のドラマ『サムデイ』(劇本:キム・ヒジェ、演出:キム・ギョン
ヨン)にキャスティングされた状態。


日刊スポーツ(IS) 2006/07/04より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ、‘純情漫画家’でドラマにカムバック

ペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、キム・ソンス、オ・ユンアが事前制作
ドラマ‘Someday’の男女主人公に最終確定した。

制作会社(株)イエローフィルムは1日、「ドラマ 『Someday
の主人公にペ・ドゥナ、キム・ミンジュン、キム・ソンス、オ・ユンア
を最終確定した」と明らかにした。

ペ・ドゥナ画像20060605.jpg
ドラマ 「Someday」で復帰する女優ペ・ドゥナ



100%事前制作される16部作ドラマ「Someday」は、3つのラブ
ストーリーをアニメとドラマを混合した独特の形式で描かれる予定。

ペ・ドゥナは純情漫画界に旋風を起こしながらデビューする漫画家役
を演じる。またキム・ミンジュンは漫画マニアの医師、キム・ソンスは
苦難の過去を持つ旅行ガイドとして出演する。 オ・ユンアはクールな
アニメPD役で今回のドラマに出演する。

Someday」は6月末にクランクインし、今年下半期に放送される
予定。 また日本の豊橋を背景にした海外ロケもある。


中央日報 2006.06.05より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


日本映画『リンダリンダリンダ』ペ・ドゥナ「本当に学生時代に戻った気分でした」

韓国と日本の高校は似ている点が多い。生徒も教室も制服も似ていて、
同じように入試に負担を抱いて生活する。そのためか日本の青春映画
見たら他人事のような気がしない。

『リンダリンダリンダ』(監督山本敦弘)も同じだ。背景は日本だが
韓国観客にも馴染みのある青春のロマンと友情を扱った。韓国女優
ペ・ドゥナ(27)が主演を演じたことでもっと親近感がわく。


ペ・ドゥナ画像20060413.jpg
日本映画リンダリンダリンダ』でも活躍の女優ペ・ドゥナ



「山本監督が『ほえる犬は噛まない』(監督ポン・ジュノ)に出演
した私の姿を印象深く見たようです。日本へ行ったとき、ホテルを直接
訪ねてきて出演オファーを受けました。ポン監督からも『天才監督だから
必ず出演しなさい』と勧められたんです。日本語は下手だけれど、もと
もと日本語が下手な役どころなので難しくはなかったです」

映画でソンという交換学生として出演した彼女はだしぬけに日本の
女子高生バンドに入って歌を歌う。バンドとしては学園祭で公演する日
が3日前に近付いたがボーカルがいないので誰でも受け入れなければな
らない状況だ。ソンは3日間、ほかの日本の女子高生たちと猛練習をして
学生時代の大切な思い出を作る。

「日本の女優さんたちとは実際にバンド演習を一緒にしながらとても
親しくなりました。自転車に乗ったり、鬼ごっこもしたり、おやつも作
って食べたりして遊んでみると本当に学生時代に戻った気分でした。
今も電子メールをやりとりするほどです」

彼女の歌う歌は1980年代日本のパンクロックバンドであるザ・
ブルーハーツの『リンダリンダ』『終わらない歌』など3曲。

「歌は大変だったです。ステージでライブで歌を歌わなければなら
なかったんですよ。技よりは感性で歌えという監督の言葉でやる気が
わきました。ザ・ブルーハーツは日本人の懐郷を刺激するグループだと
いうことです」

映画は日本の平凡な田舎の高校を忠実に再現した。学校は古びてい
るが「世界の中心で自分を叫べ!!」というスローガンは青春の遠大な
夢をうまく見せてくれる。

「実際に学校に通っていたころは、学園祭に参加したことはなかっ
たです。先生も休日なんだから家で勉強でもしなさいという感じだった
んですよ。映画を撮りながらは楽しい学園祭の雰囲気がとても不思議
だったです」

昨年、日本で公開されたこの映画は、朝日新聞が「日本映画ベスト
3」に挙げるほど良い評価を受けた。国内では昨年10月、釜山国際
映画祭に招請された。

13日からはソウル明洞CQNと三成洞(サムソンドン)メガボッ
クスで観客たちにお目見えする。


WoW!Korea 2006/4/13より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


ペ・ドゥナ「誰かのいい女より、いい女優になりたい」

ペ・ドゥナ、映画『リンダ リンダ リンダ』を語る

女優、27才。一番きれいで、一番きれいに見せたい年。彼女の絶頂を
スクリーンに認めてほしい年だ。しかしペ・ドゥナは映画制作会社が
集まる忠武路で「きれいぶらない」数少ない女優だ。しばらくスクリーン
活動から離れていたと思ったら、日本映画『リンダ リンダ リンダ
(13日公開)の出演者として映画館街に戻ってくる。

 文化祭公演のためバンドを結成した日本の女子高生たちの友情を描
いた映画『リンダ リンダ リンダ』で、ペ・ドゥナはつたない日本語
でひょんなことからボーカルを引き受けてしまった韓国人の交換留学生
ソン役を演じる。日本映画出演は『ほえる犬は噛まない(原題:フランダ
ースの犬)』でペ・ドゥナを知った山下敦弘監督の出演オファーと「天才
監督だから絶対やりなさい」という奉俊昊(ポン・ジュノ)監督のアドバ
イスによって実現した。

ペ・ドゥナ画像20060409.jpg
「きれいぶらない」ナチュラルな女優ペ・ドゥナ



 「化粧は私がしないと言ったんです。飾らない役なのに、下手に化粧
してきれいに見せるのは私自身許せなかったから」。ペ・ドゥナが何人
もの実力ある監督たちからラブコールを受け続けているのも、こんな
自信と信念があるからだ。

 色白の顔、何も知らないかのような大きく見開かれた丸い瞳。『リン
・・・』で彼女は真っ白な紙のように無心に見える。実際、彼女の
ニックネームも「ムシミ(無心ちゃん)」。胸が痛むことや世の中が騒ぎ
立てることにも大騒ぎしないから、と友逹が付けてくれたニックネーム
だ。「無心」はペ・ドゥナの演技にもそのまま通じる。

 「実際、経験を生かしてする演技には限界があると思います。殺人を
しなければ殺人者を演じられないわけじゃないでしょう。私はただ空っぽ
の自分の心にキャラクターを溶かすのです」朴賛郁 (パク・チャヌク)
監督も彼女を「固定観念がない女優」と評する。

 彼女は舞台女優だった母親、キム・ファヨンさんから演技を学んだ。
映画『青春』(2000)のシナリオをもらって悩んでいた時、「女優ヌード
を恐がって、ベッドシーンができないなんて話になるか」と怒鳴ったの
も母親だった。大胆な露出が話題になった『青春』が公開されると別れ
た恋人から電話があった。「君が僕の彼女だったということが恥ずか
しい」という話だった。その時ペ・ドゥナは「誰かにとっていい女になる
より、いい女優にならなくてはいけない」と決心したそうだ。

 今回の映画撮影現場でも女優として学んだことや感じたことがたくさん
あった。「ギターならギター、ドラムならドラム。全然弾いたり叩いた
りしたことがなかった若い女優たちが「1か月以内にギタリスト(ドラマー)
になる」と言ってずっと練習していたら、本当にそうなったんですよ」。
7月公開の 『怪物』 でアーチェリー選手役を演じたペ・ドゥナだが、
だから「私も本当のアーチェリー選手にならなくては」と練習したそうだ。

 ペ・ドゥナは「自分はかわいい女優ではないということをよく知って
いる」と言った。そしてそのほうがいいとも。「男性好みの顔ではない
ので私はラッキーです。それだけ他の俳優たちにはできない役を私が
できるじゃないですか。男性より女性が好んでくれる女優になれればと
思います」


朝鮮日報/朝鮮日報JNS  2006/04/09より


ペ・ドゥナ〜韓流個性派女優〜〜TOPへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。